おはようございます!コドモのミカタですパー

 

突然ですが、ミカタ、極端な意見や行動は嫌いです。

極右や極左も嫌いですし、白黒はっきりさせるのもあまり好きではありません。

 

最近の報道などをみていると、極端な内容の方が視聴者受けが良いのでしょうけど、現実世界はそう簡単な結論にはなりません。

 

僕個人としては様々な物事に対して「バランス」と「スペクトラム」というものを大事に考えています。

 

「バランス」の意味は小学生でもしってますね。偏りがない選択をいつもしたいと心に留めています。

 

「スペクトラム」という言葉は、最近の医療ではよく使われるようになったキーワードで、「スペクトル」とも言います。

 

(↑こういうやつです。)

 

ミカタは「すべての物事はスペクトラムでできている」と思っています。

デジタルの世界は0か1かしかありませんが、現実世界は複雑です。

 

上のカラーバーで、「緑はどこですか?」と聞かれたらあなたはどこを指差すでしょう?

絶対的な色覚をもっている人は別として、普通は毎日ビミョーに違うところを指すと思います。

バーを見る周辺の明るさや、その時の気分によっても変わるんじゃないでしょうか。

となりに違う色見本が並べられていたらそれに引っ張られることもあるでしょう。

 

要は「アナログの世界において、絶対的な真実というものはほとんど存在しない」と思うわけです。いろんな要素で揺れ動くんです。きっと。

だから人が決める「善と悪」や「正と誤」なんて、そのときの条件で簡単に揺れ動くんですよ。

 

医療の常識も同じです。昨日まで常識おねがいだったことが、今日は非常識ガーンということはいくらでもあります。

僕の専門の一つであるアレルギー領域でも、パラダイムシフトが最近起こっています。

 

以前は食物アレルギーがあるからアトピー性湿疹になると言われていましたが、ここ5〜10年の間に「湿疹があるから食物アレルギーになる」と、理屈が入れ替わってしまいましたびっくり

 

そんなこんなで、今の医学界の常識は「いずれ変わるかもしれないグラサン」という視点でミカタは捉えていますグッド!ウインク

 

だ〜か〜ら、恥ずかしげも臆面もなくTVなんかに出て「これが絶対に正しいんだ!ニヤリ」と鬼の首を取ったように知識をひけらかすDrはちょっとドウカトオモウわけですキョロキョロ

 

なので、このブログ、結構曖昧です。きっとマスコミ受けは悪いでしょうねニヤリ

でもいいんです。このブログの趣旨は「その時代に良いと考えられている情報を、コドモとママの立場に立ってお伝えして、少しでもより良く育てるお手伝いをする」のが目的なわけですから。

 

、、、いつも話が長いとツマやスタッフに叱られます。

結局今回も「抗菌薬」のコの字にも届きませんでした。

 

プロローグとして「適正使用」ということをちょっと考えてみたんです。

誰にとって「適正」なのか、と。

 

明日は本題について語ります。

では、今日はこの辺で〜パー

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

大阪府堺市で究極の育児支援集団を目指す

「医療法人社団ワッフル」です!

(HP)http://waffle.or.jp

 

ぐんぐんキッズクリニック本院(堺市北区なかもず)

(HP)http://gg-kids-clinic.com

(FB)https://www.facebook.com/gungunkidsclinic

ぐんぐんキッズクリニック分院(堺市南区泉ヶ丘)

(HP)http://gg-kids-izumigaoka.com

(FB)https://www.facebook.com/gungunizumigaoka/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆