Recruit

私たちと一緒に働きませんか? 現在、当法人は
クリニックを2院運営しており、

それぞれのクリニックに
病児保育室(堺市の委託事業)を
併設しています。

病気の診察だけでなく
医療を通じた子育て支援に力を入れ、

スタッフ全員が
一丸となって取組んでいます。

コドモたち、ママさんの為に
仕事をする「お母さん」がたくさんいます。

患者さん、
利用者さんだけでなく、

働くママさんを応援しつつ、
支えていけたらと考えています。

病児保育室について

お子さんが病気になった時、仕事が休めない!看病ができない!
どうしても病気のお子さんのそばについていてあげられない保護者の方に代わって、
小児科医と看護師が保育士と一緒にお子さんのお世話をしています。
ぐんぐんキッズクリニック本院2階にある専用の保育室で
生後6ヶ月~小学校3年生まで(4~6年生は要相談)のお子さんを定員12名(2018年12月現在)でお預かりしています。

保育室は全部で4つ。隔離室が3つと大きな保育室が1つです。
疾患ごとに合わせた部屋割りをした上で、保育を行います。
季節に応じて壁のデコレーションを変えて、子どもたちに季節感を楽しんでもらえるように工夫しています。
身体がつらいお子さんに、心だけでも安らげるように、日々保育士さんたちが励んでいます。

ワッフル王子 ぐんぐん病児保育室

Message 愛情たっぷりの子育てを
大切に思う人を待っています

医療法人社団ワッフルのミッションは

愛あふれる社会の実現のために、

医療を通じて
子どもたちの健やかな成長に寄り添い、

家族が安心して
楽しい育児ができるように支援する

です。

愛情という水をたっぷり注ぐと、
コドモはぐんぐん育ちます。

この水が足りないと、コドモたちはどこを向いて育てばよいかわかりません。


私たちの仕事は、
ママがコドモに愛情をたっぷり注いで

母子間に強い愛着をつくれるように
お手伝いをすることであろうと、

日々を通して、
その思いを強くしています。


病気を治すのは、そのお手伝いの
一つの手段に過ぎません。

ずっと叫ばれ続けている少子化の波は、

そう簡単には止まらない
現実があります。


この先、他の診療科に
鞍替えするドクターもいれば、

大人も診るようになって
ファミリークリニックに変化していく
クリニックも増えるでしょう。



でも、ぐんぐんはあえて
小児科専門であり続けたい!
そう思うのです

意地を張ってでも、
歯を食いしばってでも、
小児科医でいる。
コドモを診る。


なぜなら、それが私たちの
アイデンティティだから。


ママが笑顔でいるとコドモもパパも家族みんなが幸せになります。

医療を中心としつつも
「育児の助けとなることは何でもする」
という姿勢で、

今後は病児保育事業の他にも
食育活動や母親教室など、

コドモの健全な発育や、
ママさんに育児の楽しさを
覚えてもらうために

積極的に関わっていきたいと
考えています。


どうやって地域のコドモと
ママたちにとって
大事な存在で在り続けるか。

一緒になって考えて、
ともに行動できる方の
ご応募をお待ちしております。

Application 現在、下記の職種で募集を
行なっています。
応募を検討される方は、
引き出してご覧ください。

  • スタッフみんなでしっかりフォローします!

    当法人では2013年12月から病児保育室を開設し、5年を迎えようとしています。
    30代中心の保育士さんたちが病児のケアとクリニックでの診療介助をしてくれています。
    施設の性質上、病気や健康に関する知識が必要となりますが、
    定期的に勉強会を行ってみんなでスキルアップしています。

    保育士としてのキャリアアップになります。

    当法人ではいつでも医師や看護師が側にいるので、安心して病児のケアを学べます。
    また当施設に2年間在籍すると「病児保育専門士」という資格を取ることもできます。

    応募はこちらから
    仕事内容

    法人が運営する「ぐんぐん病児保育室」「病児保育室ゆめぽけっと」にて、
    病気で保育園、幼稚園に通えないお子さんたちの保育を行っていただきます。
    また、併設するクリニックにて、
    医療事務業務のお手伝いを行っていただくこともあります。

    応募資格

    保育士免許
    (幼稚園教諭のみは不可)

    勤務地
    転勤なし

    【ぐんぐんキッズクリニック】
    大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁21 大休ビル1F
    (最寄駅:地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、 南海高野線「中百舌鳥駅」)
    Googleマップ

    【ぐんぐんキッズクリニック 分院】
    大阪府堺市南区高倉台4丁21-1
    (最寄駅:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」、晴美台センターバス停前)
    Googleマップ

    勤務時間
    シフト制

    8:15 ~ 20:00
    ◎シフト制。上記時間内でシフトに合わせてご勤務いただきます。(週40時間)
    ◇1日の流れをご紹介します。
    08:15~ 勤務開始
    08:20~/朝礼
    08:25~/キャンセル待ち対応、保育受け入れ開始
    11:00~/お昼の時間(おうちからお弁当を持ってきてもらいます)
    12:00~/お昼寝タイム
    15:00~/おやつタイム
    ~18:30/お迎え

    給与
    交通費支給

    年収 2,300,000円 ~ 3,284,000円
    (※月給換算 167,000円 ~ 242,000円)
    基本給:150,000円~192,000円
    時間外手当:0円~40,000円
    ※月平均残業時間:10時間程度
    賞与:年2回(基本給)1.0ヶ月/回

    <試用期間について>
    入社後3か月は試用期間となります。

    休日休暇
    年間休日120日以上

    ◆土曜の午後と日曜・祝日
    ※その他シフトに応じて平日半日 or 一日お休みいただきます。

    ◆夏季休暇、年末年始休暇あり(共に1週間ほど)

    福利厚生
    寮・社宅・住宅手当あり
    育児支援・託児所あり

    年に2回、懇親会(飲食代法人負担)を開催します。

    その他

    ☆「ぐんぐん病児保育室」「病児保育室ゆめぽけっと」について
    定員:12名(ぐんぐん病児保育室)、4名(病児保育室ゆめぽけっと)
    対象児童:0歳児(6か月)~小学校6年生

    ☆医療法人社団ワッフルについて
    「ぐんぐんキッズクリニック」「ぐんぐん病児保育室」(なかもず)
    「ぐんぐんキッズクリニック 分院」「病児保育室ゆめぽけっと」(泉ヶ丘)
    を運営しています。

    スタッフは総勢49名。
    医師12名、保育士16名、看護師9名、医療事務10名、事務長1名。

    持ち手
  • スタッフみんなでしっかりフォローします!

    当法人では2013年12月から病児保育室を開設し、5年を迎えようとしています。
    30代中心の保育士さんたちが病児のケアとクリニックでの診療介助をしてくれています。
    施設の性質上、病気や健康に関する知識が必要となりますが、
    定期的に勉強会を行ってみんなでスキルアップしています。

    保育士としてのキャリアアップになります。

    当法人ではいつでも医師や看護師が側にいるので、安心して病児のケアを学べます。
    また当施設に2年間在籍すると「病児保育専門士」という資格を取ることもできます。

    応募はこちらから
    仕事内容

    法人が運営する「ぐんぐん病児保育室」「病児保育室ゆめぽけっと」にて、
    病気で保育園、幼稚園に通えないお子さんたちの保育を行っていただきます。
    また、併設するクリニックにて、
    医療事務業務のお手伝いを行っていただくこともあります。

    応募資格

    保育士免許
    (幼稚園教諭のみは不可)

    勤務地
    転勤なし

    【ぐんぐんキッズクリニック】
    大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁21 大休ビル1F
    (最寄駅:地下鉄御堂筋線「なかもず駅」、 南海高野線「中百舌鳥駅」)
    Googleマップ

    【ぐんぐんキッズクリニック 分院】
    大阪府堺市南区高倉台4丁21-1
    (最寄駅:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」、晴美台センターバス停前)
    Googleマップ

    勤務時間
    週2~3日からOK
    シフト制

    8:15 ~ 20:00
    ◎シフト制。8:15~19:30の時間内でシフトに合わせてご勤務いただきます。
    ◎ご希望の勤務時間帯がございましたら、面接時にお知らせください。
    ◇1日の流れをご紹介します。
    08:15~ 勤務開始
    08:20~/朝礼
    08:25~/キャンセル待ち対応、保育受け入れ開始
    11:00~/お昼の時間(おうちからお弁当を持ってきてもらいます)
    12:00~/お昼寝タイム
    15:00~/おやつタイム
    ~18:30/お迎え

    給与
    交通費支給

    時給 1,000円 ~
    ◎17時以降は1,100円。 休日休暇

    年間休日120日以上


    ◆土曜の午後と日曜・祝日
    ※その他シフトに応じて平日半日 or 一日お休みいただきます。

    ◆夏季休暇・年末年始休暇(共に1週間ずつ)

    休日休暇
    年間休日120日以上

    ◆土曜の午後と日曜・祝日
    ※その他シフトに応じて平日半日 or 一日お休みいただきます。

    ◆夏季休暇・年末年始休暇(共に1週間ずつ)

    その他

    ☆「ぐんぐん病児保育室」「病児保育室ゆめぽけっと」について
    定員:12名(ぐんぐん病児保育室)、4名(病児保育室ゆめぽけっと)
    対象児童:0歳児(6か月)~小学校6年生

    ☆医療法人社団ワッフルについて
    「ぐんぐんキッズクリニック」「ぐんぐん病児保育室」(なかもず)
    「ぐんぐんキッズクリニック 分院」「病児保育室ゆめぽけっと」(泉ヶ丘)
    を運営しています。

    スタッフは総勢49名。
    医師12名、保育士16名、看護師9名、医療事務10名、事務長1名。

    持ち手

Briefing 例年1月から2月にかけて
就職説明会を開催しています

新卒採用は行っておらず、
基本的には中途採用ばかりです。

子育て中のママさんや、
実務経験のある保育士さんなどを
積極的にリクルートしています。

やはり、コドモに対する愛情を持っていて、
きちんと社会常識を備えたひとでないと

小児科クリニックや
病児保育室を任せることはできません。

また、ぐんぐんは
ママの最強の応援団になりたいと
思っています。

働くママの支援としても、
ママさんを積極的に採用しています。

なお、ぐんぐんキッズクリニックは小児科ではありますが、
小児科経験をあまり重視していません。

一般的には小児科クリニックでは、
例えばナースだと
点滴や採血のスキルを
求められたりしますが、

そういったスキルや知識は、
人間力さえ高ければ、
あとで幾らでも補強できると考えています。

就職説明会

ぐんぐんの採用基準は、
主には次の3点です。
・真面目で、かつ面白い人
・将来の大きな伸び代を感じる人
・前向きで自分の夢を持っている人

就職説明会では、
法人の理念やビジョンをお話しし、

積極的に「こういう人に来て欲しい!」
とお伝えしています。

さらには思い切って
「こういう方はご遠慮ください」
と正直にお伝えしています。

ぐんぐんキッズクリニックは
普通の小児科ではありません。

スタッフみんなで診療を頑張るし、
診療以外のレクリエーションや
研修も頑張るし、

笑顔も涙も共有するような、
まるで家族のような集団です。

診療時間内だけ仕事をするけれど
時間外は無関係、

といったような
ビジネスライクな職場だと思って入ると
お互い辛い結果になりかねません。

相性の合う合わないが
間違いなくあると思います。

そのあたり理解をされた上で
応募していただきたい
と思っておりますので、

応募される前の
就職説明会を開催しています。

4月からの就職先を考えている方は、
残席を確認いただいた上で、
ぜひ就職説明会にお越しください。

もちろん応募するしないは
話を聞いてからで大丈夫です。

ボーリング大会 社内レクリエーション
ぐんぐんキッズクリニック分院
開院1周年記念の大ボウリング大会

Form 応募フォーム

採用に関するお問い合せは、お電話、または下記フォームにてお願いします。
内容をご確認した上で担当者よりご連絡をさせていただきます。

お電話でのお問い合せ:TEL.072-275-8502

【携帯電話のメールアドレスをご利用の方へ】
携帯電話(ガラケー)をお使いの方は、機種によってはフォームをご利用いただけない場合があります。その際は、直接当法人までお電話下さい。

※内容によっては返事にお時間をいただく場合がありますので、予めご了承ください。

*ふりがな
*お名前
*性別
*生年月日
*ご住所 郵便番号を入力して「住所検索」ボタンをクリックすると該当する住所が自動で入力されます。
郵便番号:
-
都道府県:
市区町村:
番地:
建物名・部屋番号:
*電話番号 - -
*メールアドレス
*ご希望の職種
*お問い合せ内容

Base クリニックらしくないクリニック

  • ぐんぐんキッズクリニック
  • ぐんぐん病児保健室
  • ぐんぐんキッズクリニック分院
  • 病児保育室ゆめぽけっと

キャンプ場にあるログハウスのような堺市北区の本院。アウトドア好きな院長と副院長の好みが思いっきり反映されています。
堺市南区の分院ではペンギンが好きな分院長が描いたイメージで水族館を意識した作りになっています。
地域のコドモたちも、クリニックらしくないのか待合室のキッズスペースでは楽しそうに遊んでくれています。